御神体と境内

トップページに戻る

スペース
ご本尊は辯財天
真言宗豊山派に属する当寺はご本尊が
辯財天様です。身の丈160cmの木
造寄木作り八臂の辯財天。頭上には顔
が老人体が白蛇の宇賀神が鎮座されて
おります。普段は御簾が降りており拝
観できませんが、新年1月7日ご本尊
の初弁天祭(大般若法要)には御簾が
上がりご尊顔をご覧頂くことができま
す。法要は午後からとなります。
天福寺本堂写真
天福寺本堂
辯財天
古くから安産の守り本尊として崇められ大阪
や京都からも参拝がありました。また、家庭
の井戸を掘るときなどに掘削位置を決めると
きなど霊感に頼ったそうです。興味深いとこ
ろでは鉱山の山師等も参拝していたようです
現在では、相談の内容も進路、商売、家庭等
多岐になっており、近畿はもとより東海・北
陸・関東・四国など多くの参拝があります。
(ご相談につきましては、必ずご連絡をお願
いします。)
辯財天写真
八肢弁財天
南天寺
境内写真南天写真
天福寺の境内にはいたるところに南天が植え
られている。南天は「難を転じる」と言う意
味からいろいろな災いからお守りいただくの
意味がある。天福寺は別名南天寺とも呼ばれ
ている。
天福寺の裏山には、こうもり塚古墳は、大きな一
枚岩を使用しており、古墳時代の後期につくられ
た古墳と伝えられている。
こうもり塚古墳